2015年06月15日

家庭で準備する七五三・十三まいり

土曜にはご家族のお客様があり、一家で七歳のお嬢さんの準備ということでした。
いろいろご検討の上、アンティークで孔雀柄の着物をお買い上げでした。
一応、「こうした形になります」ということで、予想完成図(?)をお見せしました。帯については「何か家にあるかもしれないから、それを探す」ということで、着物の他に赤のしごき帯をお世話させていただきました。
レンタルだと楽ですが、この準備も楽しいプロセスです。
こちらもセットでそのまま販売するのが楽ですが、そこはいたしませんで、ご家庭の方針に従って準備のお手伝いをさせていただいております。
110_111_1s.jpg 
ご家庭に伝わる帯や帯締め、ひとつでも良いから使われるのも楽しいと思います。レンタルですと、皆同じような写真になってしまいます。
そこに工夫があると、あとでお写真を見ながらいろいろお話ができると思うのです。
もちろん、出費が少ないに越したことはありません。

今のところ、安いリサイクル+お宅にあるもの が一番お得な方法ではないかと思います。
余った予算は会食にでも。自前の着物なら汚れても大騒ぎにはなりません。
posted by ひらたや at 01:02| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物と和ぎれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする