2016年11月05日

装いから知る 花街今昔

下記イベントが開催されます。

・・・・・・・・・・・・・

公開シンポジウム 装いから知る 花街今昔

〈日 時〉2016116日 13:0016:00 (開場1230

〈会 場〉立命館大学衣笠キャンパス 平井嘉一郎記念図書館

1階カンファレンスルーム(京都市北区等持院北町561

ゲストスピーカー / 南 登美子(京都美容文化クラブ会長、有職美容師)

パネリスト / 溝縁ひろし(日本写真家協会会員、フォトハウス・ぶち)

加藤 政洋(立命館大学文学部、准教授)

田中 圭子(東京都教育委員会、学芸員)

司会 / 松田有紀子(国立民族学博物館、日本学術振興会特別研究員PDkagai2.jpg

posted by ひらたや at 06:28| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示・イベント記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

展示ご来場御礼

5月26日より9日にわたる展示「林サヨコの町家キルト~古布で綴る京都の風景」展を終了しました。
おかげさまで多数の方にご覧いただけました。
ご来場の方々に感謝いたします。
tenji1.jpg
posted by ひらたや at 17:24| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示・イベント記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月28日

2月のお客様デー

ブログ、しばらくかいてませんでしたが、結構アクセスありでありがとうございます。
ツイッターなどでちょっとずつ情報公開という方法もあると思うのですが、本など書いている立場では、やはり長文できちんとご説明を、それも画像ありでするのがいいのかも、と最近思いなおしました。

それで、まず昨日のお客様デー報告です。
そもそも「お客様デー」とはなにか?

それは、京都古布保存会がサービス品を販売する日であり
普段ご来店の対応ができないお客様に商品を見ていただく日であり
法人業務で用件のおありの方のお話を伺う日でもあります

なので、「こんな企画あります」とか「こういうこと、知りたいです」というご相談も可能です。但し朝一番は下記のような状況ですので、午後からゆっくりをお勧めします。
また、この日はほぼコーディネート担当の青木(書籍:夏着物の文様とその見方: 大正・昭和の涼をよぶ着物の素材、織り組織、文様の意味がわかる - コーディネートをいたしました)が出勤しておりますので、御取り合わせ相談も可能です。
要は
いろいろ安くで買えて、相談とかもできて、お茶も飲める(コーヒーと紅茶サービスをしています)
他のお客さんとも話ができる
そういう日なんです。

dotou1.jpg
朝10時の光景。怒涛のようなお客様のご来店です。
dotou2.jpg
リフォームがご趣味の方は朝一番にお買い得品を探しに来られます。
dotou3.jpg
一息つくと会議とかも(笑)。

午後からは実物をご覧になる方が多く、ついでに500円着物等をピックアップされます。
2月に一度のイベント、総力をあげて準備しておりますので、ぜひお越しください。
ご案内は主にお葉書です。案内をご希望の方は
wagire@gmail.com
までメールでお知らせください。
次回は4月末です。ご来場をお待ちしております。


夏着物の文様とその見方: 大正・昭和の涼をよぶ着物の素材、織り組織、文様の意味がわかる -
こちらが昨年出版の書籍です。

posted by ひらたや at 19:19| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 展示・イベント記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月16日

『舞妓の美―花街を彩る匠の技』展・17日より

『舞妓の美―花街を彩る匠の技』展、2月17日より展示がいよいよ始まります。
14日に雪の中展示準備をしてまいりました。
会場風景です。
会場は京都府庁旧本館になります。正面の赤レンガの建物です。
住所:
〒602-8041 京都府京都市上京区藪之内町下立売通新町西入

kaijou1.jpg
各方面よりお借りしたお品を展示させていただいております。
庁舎の開いている時間はご覧いただけます。
土日は休館ですのでどうぞご注意ください。
posted by ひらたや at 12:29| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示・イベント記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月10日

『舞妓の美―花街を彩る匠の技』展

京の花街を彩る舞妓の姿。
maiko1.jpg
江戸時代に完成したその姿は多くの名画の題材となってきました。
当時舞妓はファッションリーダーであり、今も若い女性達の憧れとなっています。


この舞妓姿を完成させるまでには、着物を縫う人、半襟を作る人、簪を作る人など、多くの職人さん達の手がかかっています。また、舞妓の日常業務を助けるにも、たくさんの人の手助けが必要です。
NPO法人京都古布保存会では、京都府文化振興局の「文化力チャレンジ」活動のひとつとして、これらのいわば「裏方」の職人さん達に焦点をあて、その日常や制作の過程を記録いたしました。
このプロジェクトは一昨年の京都府地域力助成金事業として行った「大原女衣装調査」に続くものです。
展示は2月14日から28日まで、京都府庁旧本館・NPO会議室にて。(レンガ造りの古い建物でご存知の方も多いと思います。こちらの北東角です。)
時間は庁舎の開館時(9時〜18時頃まで)入場無料です。会期中に舞妓衣装着つけのデモンストレーションを予定しております。


posted by ひらたや at 08:35| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示・イベント記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月03日

「舞妓をつくる職人さん展」開催します

NPO法人京都古布保存会主催の「舞妓をつくる職人さん展」(仮称)を開催します。
これは、京都府文化振興局の「文化力チャレンジ」事業のひとつとして本法人が昨年より調査を進めているものです。
舞妓さんにかかわる職人さんの仕事を紹介します。

日時:2014年2月14日より28日まで
場所:京都府庁旧本館・会議室
(レンガ作りのクラシックな建物です。会議室は北東角です)
時間は庁舎の開いている時間ならどなたでも無料でご覧いただけます。
着付けデモンストレーションを予定しております。(詳細は追って告知)
★公共の建物ですので、官庁の開いていない日時はご覧いただけません。ご注意下さい。
posted by ひらたや at 07:37| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示・イベント記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月14日

展示会場・帯留展

23日から28日まで「帯留展」の展示会場の詳細です。
祇園四条から徒歩5分の、「アートスペース重松」さんです。
表に暖簾がかかっています。

地下鉄東西線東山駅より徒歩5分
阪急河原町駅より徒歩11分
京阪祇園四条駅より徒歩9分
こちらに詳細地図を作成しました。
http://www.mapion.co.jp/f/cocodene/view.html?token=a8df3c62a91c374f98fddc29b2892837

obidomehagaki1.jpg
ご来場をお待ちしております。
posted by ひらたや at 05:48| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示・イベント記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月13日

2013年帯留コンテストの審査結果

2013年帯留コンテストの審査結果を発表します。

最優秀賞:宮崎 ひさみ 彼の山
京都賞:大野 操江 五山
審査員賞
島田賞:黒須富美子 モダン・ガール
浜田賞:盧恩惠 梅雨明けの朝
住井賞:増子 奈緒美 tatami
posted by ひらたや at 12:02| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示・イベント記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月02日

涼をよぶロマンキモノ展 満員御礼

お蔭様で「涼をよぶロマンキモノ展」無事終了いたしました。
kouen0915_1.jpg
会期中はたくさんのお客様にご来場いただき、ありがとうございました。
講演も追加開催という盛況で、お越しいただいたお客様に御礼申し上げます。
kouen0915_2.jpg
モデルを撮影する観客の方々
kouen0915_1.jpg
13時半ですでに満席。開演は14時です。
kouen0915_3.jpg
モデルを撮影する観客の方々
kouen0915_5.jpg
演奏もあり、充実した講演となりました。
posted by ひらたや at 20:22| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示・イベント記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月30日

講演会「乙女の憧れ〜抒情画にみる夏のよそおい〜」


やっと涼しくなってきましたね。

神戸ファッション美術館で開催中の「ロマンキモノ」展、講演のお知らせです。

なかなか聴けないテーマ、ぜひお越しくださいね!


講演会「乙女の憧れ〜抒情画にみる夏のよそおい〜」

 

大正から昭和にかけての女性ファッションの流行は、『婦人倶楽部』や『少女画報』などの雑誌に抒情
画家たちが描いた女性像が牽引していました。

この講演では、本展で再現展示を試みる高畠華宵をはじめ、竹久夢二や蕗谷虹児など当時人気を博した画家たちの
作品から、女性たちが憧れを抱き、髪型や化粧、着こなしの参考にした夏のよそおいを紹介します。

 



日時:9月1日(日)14:00−15:30(13:30開場)


講師:田中圭子(京都造形芸術大学専任講師)


会場:4階セミナー室

定員:100名


申込不要 / 参加無料

 

bijutukan1.jpg

高畠華宵のイラストから再現した着付けです。


 
hear.jpg
posted by ひらたや at 17:18| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示・イベント記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月24日

「涼をよぶロマンキモノ」-夏の愉しみ-・その2

会場風景の続きです。
着物でお越しの方が多くなりました。
六甲ライナーで着物の方はほとんど展示目当てです。
talk0720_3.jpg
皆さんの夏着物姿、参考になります!
talk0720_4.jpg
記念撮影も。
talk0720_5.jpg
ギャラリートークはあと2回あります。
talk0720_6.jpg
日本髪のマネキンも。
talk0720_7.jpg
展示の詳細は神戸ファッション美術館のサイトをご覧下さい。
http://www.fashionmuseum.or.jp/
posted by ひらたや at 11:55| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示・イベント記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「涼をよぶロマンキモノ」-夏の愉しみ-

いよいよ18日から展示が始まりました。
お蔭様で着物をお召しの方々にたくさんご来場いただいております。
会場風景をどうぞご覧下さい。
reception01.jpg
着物でお越しのお客様が増えました。
reception02.jpg
今回ポスターになった画像です。
reception03.jpg
着つけのヒントになった原画も出しております。
talk0720_1.jpg
ギャラリートークに集まってくださったお客様
talk0720_2.jpg
浴衣でもOK!着物姿なら魅了で入場できます。
posted by ひらたや at 11:30| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示・イベント記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月21日

最終日は26日(月)15時です

葉書もアップしましたが、最終日は26日(月)の15時までです。
お見逃しなきよう!!
posted by ひらたや at 08:22| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示・イベント記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月20日

2012年第三回帯留コンテスト審査結果


2012年第三回帯留コンテスト審査結果

 

厳正な審査の結果、以下の方々が入賞となりました。

こちらでもご紹介します。


最優秀賞 :戸田 佳那  「麻の葉帯留」

京都賞:加藤 明日香 「茶柱」

京都古布保存会賞 :椎谷 隆司  「透」


審査員賞 :

並木賞  宮崎 ひさみ 「小さき人」

山中賞  増原 香織 
「shadowgraph-tri-」

島田賞 河野 英理 「幸福は月に乗って」

 

佳作  :  
山田 有沙 「静」

斎藤 紗織 「夢色獏」

森木 瞳 「きんぎょのはっちゃん」
植松 伸護 「月と兎」
   
八木 友美 「葡萄」

宮本 沙羅 「脳内石庭」

      


posted by ひらたや at 14:17| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示・イベント記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月18日

2012年帯留展応募状況報告


一昨日まで続々と作品が届き、やっと事務処理が終わりました。


出展者数(111717時の段階で) 74

作品点数 85

です。今回は特別出品の作家さんコーナーも設けております。

ここで作品をお見せしたいところですが、審査が終わるまで我慢!


posted by ひらたや at 23:08| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示・イベント記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月17日

帯留展、ことしもすばらしい作品ぞろいです

11月21日から26日に開催の帯留展、ことしもすばらしい作品ぞろいです。
遠くは北海道から、作品が届いております。
何より楽しいのは、帯留が買える、それもお手頃値段で!
上限は3万円までです。
また、3000円くらいから入札スタートのものもございます。
ぜひ開場にお越し下さい。
場所は知恩院下の「アートスペース重松」です。
posted by ひらたや at 21:15| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示・イベント記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月10日

帯留展の入札・お手軽に帯留が買えます

昨年は入札がほぼ第一回目だったので、説明など、かなり手間取りました。
それでも同じお品に人気が集まることが多かったのです。
もちろん最初から高値でもよいのですが、お手ごろ価格(陶器なら1500円程度)からスタートにしていただくと、最終的に倍以上になることが多い傾向がありました。
sakuhin1.jpg
昨年の人気作品です。

もちろん中には売りたくないという人もあり、その場合は出展のみです。
今から若手作家を育てる楽しみ、お小遣いでできます。
ぜひ会場お運び下さい。
posted by ひらたや at 23:29| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示・イベント記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

帯留展・入札のしくみ

帯留展の入札、21日から26日の間に会場で実物を見て入札していただきます。
スタート価格は、出展者が決めています。
結構お値打ちのお品なのに、3000円くらいで始まっていたり。
最終日までに最高価格であれば、それはあなたのものになります。

流れとして、
1 落札のお知らせ(お手紙)
2 同封の用紙で振込み
3 保存会より発送

となります。作者が追加制作を受けてくださるときは、やや遅くなりますが、同じものが手に入る場合もあります。
若い作家さんのお品が安く手に入るチャンスです。
ぜひ会場へ足をお運び下さい。
posted by ひらたや at 22:31| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示・イベント記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月09日

帯留展を開催します

今年も帯留展を開催します。
全国から公募した力作の数々。
しかもオークションで買えるのです。
2012帯留め葉書表-1.jpg
11月21日から26日まで。
昨年と同じ、祇園のアートスペース重松です。
2012帯留め葉書裏-1.jpg
posted by ひらたや at 21:01| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示・イベント記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月19日

やっと作りました、フェイスブックのページ

忙しくてなかなかできなかったのですが、やっとフェイスブックのページを作りました。
「NPO法人京都古布保存会」で検索してください。
タイムラインでいままでの展示活動の記録がご覧いただけます。
ブログでも掲載していますが、こうしたプロフィール、今一番見やすいのはフェイスブックですね。natugoromo2009_09.jpg
写真は2009年のなつごろも展のもの。
2008年から4回も開催していたのですね!
posted by ひらたや at 17:09| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示・イベント記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする