2016年06月06日

店舗の名称を変更しました

5月より店舗の名称を変更しました。
「ギャラリー百合庵」です。
命名を風水師の竹内亮さんにお願いしました。画数などのよさもありますが、竹内さんのおばあさまが言われた言葉のなかに、
「百合の花は足元をみて咲く」というものがあり、それが大変気に入りました。
kanban2.jpg
看板も新しくしています。
当面はイベント時とご予約時のみ開店いたします。
posted by ひらたや at 17:05| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物と和ぎれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月28日

2月のお客様デー

ブログ、しばらくかいてませんでしたが、結構アクセスありでありがとうございます。
ツイッターなどでちょっとずつ情報公開という方法もあると思うのですが、本など書いている立場では、やはり長文できちんとご説明を、それも画像ありでするのがいいのかも、と最近思いなおしました。

それで、まず昨日のお客様デー報告です。
そもそも「お客様デー」とはなにか?

それは、京都古布保存会がサービス品を販売する日であり
普段ご来店の対応ができないお客様に商品を見ていただく日であり
法人業務で用件のおありの方のお話を伺う日でもあります

なので、「こんな企画あります」とか「こういうこと、知りたいです」というご相談も可能です。但し朝一番は下記のような状況ですので、午後からゆっくりをお勧めします。
また、この日はほぼコーディネート担当の青木(書籍:夏着物の文様とその見方: 大正・昭和の涼をよぶ着物の素材、織り組織、文様の意味がわかる - コーディネートをいたしました)が出勤しておりますので、御取り合わせ相談も可能です。
要は
いろいろ安くで買えて、相談とかもできて、お茶も飲める(コーヒーと紅茶サービスをしています)
他のお客さんとも話ができる
そういう日なんです。

dotou1.jpg
朝10時の光景。怒涛のようなお客様のご来店です。
dotou2.jpg
リフォームがご趣味の方は朝一番にお買い得品を探しに来られます。
dotou3.jpg
一息つくと会議とかも(笑)。

午後からは実物をご覧になる方が多く、ついでに500円着物等をピックアップされます。
2月に一度のイベント、総力をあげて準備しておりますので、ぜひお越しください。
ご案内は主にお葉書です。案内をご希望の方は
wagire@gmail.com
までメールでお知らせください。
次回は4月末です。ご来場をお待ちしております。


夏着物の文様とその見方: 大正・昭和の涼をよぶ着物の素材、織り組織、文様の意味がわかる -
こちらが昨年出版の書籍です。

posted by ひらたや at 19:19| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 展示・イベント記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月29日

子供の着物の美しさ2

アンティークの子供着物、昔は細工物などの素材として非常に高いお値段でした。
今はそういう利用の方が減りましたので、お値段が下がっています。
kimono2.jpg
子供の着物は大人のものに比べて絵柄も細かく、色彩も奇麗です。
こうしたお品が残っていて、お宅に伝えられるのは素晴らしいことだと思います。
posted by ひらたや at 21:21| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物と和ぎれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

子供の着物の美しさ

最近は御家族で子供着物をお探しの方が増えました。
十三まいり・謝恩会などでお召しになられるということです。
レンタルよりお安く揃うというのももちろんですが、今の着物にない美しさや柄の面白さを求めてこられる方が多いようです。
それで最近は若いお嬢さんに会うことが多くなりました。
010_177_1.jpg 









小さいなりに御自分のお好みがあるようで、楽しく見守っています。
面白いのは、皆がピンクや赤が好きではないことです。緑や青も結構人気だったりします。
010_180_5.jpg

posted by ひらたや at 22:15| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物と和ぎれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月09日

「着物の文様とその見方」内容のご紹介

shoseki1.jpg
「着物の文様とその見方」2013年に誠文堂新光社より刊行されました、京都古布保存会の書籍です。
従来のコレクション紹介本とは異なり、各絵柄について詳細な解説を行っています。
book_kaisetu1.jpg
表現主義など、新しい分野についても掲載しております。
hyougenshugi.jpg
発売よりすでに二回重版となっております。しかも英文解説つき。
和装文化に興味のある外国の方へのプレゼントにいかがでしょうか?
クリックで画像は大きくなりますので、ご覧下さい。

posted by ひらたや at 10:58| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年の帯留コンテスト

今年の募集要項をこちらにアップします。pdfファイルの添付ができませんのでjpegですがどうぞご覧ください。

2015年帯留コンテスト応募規約表紙.jpg
公募期間:11月20日〜11月26日
結果発表:12月1日(京都古布保存会HPにて発表)
展示期間:12月5日〜12月13日 
審査員都合などで変更の可能性がございますが、原則こちらの日程で進めさせて頂いております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

下の画像が応募要項です。
クリックで画像は大きくなりますので、ご覧下さい。

2015年帯留コンテスト応募規約.jpg
posted by ひらたや at 04:24| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 帯留公募展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シルバーウイーク中は通して営業します

今年の九月は長いお休みがありますね。
promo.jpg
シルバーウイーク中は通して。9月19日から26日まで、10時から17時、開店いたします。
七五三・十三詣用のセットも多数揃いました。お越しをお待ちしております。
ご来店予定の方はご予約をいただけるとありがたいです。お待たせいたしません。
10時かた12時・13時から15時・15時から17時の時間帯でご予約ください。
posted by ひらたや at 04:05| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月15日

家庭で準備する七五三・十三まいり

土曜にはご家族のお客様があり、一家で七歳のお嬢さんの準備ということでした。
いろいろご検討の上、アンティークで孔雀柄の着物をお買い上げでした。
一応、「こうした形になります」ということで、予想完成図(?)をお見せしました。帯については「何か家にあるかもしれないから、それを探す」ということで、着物の他に赤のしごき帯をお世話させていただきました。
レンタルだと楽ですが、この準備も楽しいプロセスです。
こちらもセットでそのまま販売するのが楽ですが、そこはいたしませんで、ご家庭の方針に従って準備のお手伝いをさせていただいております。
110_111_1s.jpg 
ご家庭に伝わる帯や帯締め、ひとつでも良いから使われるのも楽しいと思います。レンタルですと、皆同じような写真になってしまいます。
そこに工夫があると、あとでお写真を見ながらいろいろお話ができると思うのです。
もちろん、出費が少ないに越したことはありません。

今のところ、安いリサイクル+お宅にあるもの が一番お得な方法ではないかと思います。
余った予算は会食にでも。自前の着物なら汚れても大騒ぎにはなりません。
posted by ひらたや at 01:02| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物と和ぎれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月17日

大原女衣裳とあんこさんの展示

4月25日より世田谷・生活工房にて展示いたします。

【イベント1】

「大原女衣裳とあんこさんの服装あれこれ」

425日(土)14時〜1530

◆講師:青木美保子(京都女子大学准教授)

◆定員50

  【イベント2

「アートにみる大原女とあんこさん」

59日(土)14時〜1530

◆講師:田中圭子(京都造形芸術大学講師)

◆定員 50

【イベント

[体験とおはなし 衣装を着てみませんか?」

516日(土)17日(日)14時〜17時、

◆進行:京都大原保勝協会、伊豆大島観光協会

◆定員20


posted by ひらたや at 15:36| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物と和ぎれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月15日

京都の桜

急に寒くなったので、梅が凍りついています。
桜はまだまだという感じです。
4月の中頃になるのか?またはこの天候の変動、急に暖かくなるんでしょうか?
旅行日程の調整は難しいですね。
posted by ひらたや at 17:47| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする